会話が弾む接客が重要

会話が弾む接客が重要

会話が弾む接客が重要 おしゃれな仕事の代表格でもある美容師の仕事で活躍をしたいのであれば、腕だけが確かであればいいわけではありません。
カットなどの腕が確かであれば、お客様に指名してもらえるようになりますが、それだけではカリスマ的な美容師になるのは難しいといえます。
美容院に行って長時間椅子に座っている間のお客様の楽しみの一つは、美容師と会話することでもありますので、接客の腕も必要になるといえるでしょう。
カットをしている間に会話が盛り上がることなく、ただ黙々と作業をされているような感じになってしまうと、お客様も楽しい時間を過ごすことが出来ません。
いろいろ教えてもらいたいことがあったとしても、話しかけにくい雰囲気があったり、話しかけても話が続かないようであれば、楽しくないからです。
美容師として活躍をする為には、接客態度も重要になりますので、誰とでも楽しく話が出来るようにしておけば仕事でも生かしていく事が出来るようになります。

美容師が人見知りを克服するには

美容師が人見知りを克服するには 美容室には毎日たくさんの人が訪れるようになりますので、多くの人の接客をするようになります。
カットをせずにシャンプーの係を務めたり、受付を担当する美容師の場合、一日にかなりの人数の対応をするようになりますが、人見知りの場合はどうすればいいのでしょうか。
人見知りの人の場合、お客様と何かを離さなければと思っても、なかなか話しかけることが出来なかったり、恥ずかしさから目も合わせることが出来ない可能性があります。
あまりにも会話もなく目も合わない美容師というのは、不信感を抱かれてしまう可能性が出てくるので気をつけなくてはなりません。
お客様の中には、接客中はあまり話しかけてほしくないという人もいますが、どんどん会話をして楽しみたいと思っている人もいますので、目だけでも合わすようにした方がいいでしょう。
直接目を合わせるのが恥ずかしいのであれば、無理に直接見なくても鏡越しに見るという方法もありますので、少しでも恥ずかしさが和らぎます。

新着情報

◎2023/12/1

情報を更新しました。
>美容師のアシスタント期間は何年もかかることもある
>美容師の仕事が向かない人には情熱が関係しています
>美容師に出来て理容師ではできないこととは
>美容師の平均年収は都市部や地方でも大きく異なります
>定年まで頑張れる仕事に就くなら是非美容師になろう

◎2023/7/4

情報を更新しました。
>美容師に求められるのは技術だけではなくセンスも必要
>美容師にとっての新聞活用のメリットと方法
>美容師が求められる付加価値はトークかヒーリングか
>美容師希望者が美容師になるには国家試験に合格する必要がある
>美容師にハンドクリームが欠かせない理由とは

◎2023/1/30

情報を更新しました。
>美容師の方の手荒れ対策にはゴム手袋がおすすめ
>美容師の生涯賃金の平均相場と増やすために必要な努力
>美容院の特色と美容師という働き方について
>人口減少で美容師の数が激変しているのは本当?
>美容師の独立起業、難易度はどのくらいなのか

◎2022/9/1

情報を更新しました。
>美容師になるためにコミュニケーション力は必要なのか
>年齢を問わず資格が生かせる美容師の仕事について
>美容院やヘアサロンで働くための美容師免許について
>美容師が外国で働くメリット・デメリットとは
>美容師になるのであればパーマも重要です!

◎2022/4/15

情報を更新しました。
>「美容師」と「理容師」の仕事内容の違いについて
>美容師が起業するときの準備と失敗しやすい点
>美容師の仕事は産休が取れるところが人気です
>美容師国家試験の実技試験ではどんな課題が出されているのか
>髪の施術はカリスマ美容師に依頼しましょう

◎2019/3/29

美容師の雇用形態
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

会話が弾む接客が重要
の情報を更新しました。

◎2019/2/20

美容師を目指すための学校
の情報を更新しました。

◎2018/12/18

美容師に適性がある人の特徴
の情報を更新しました。

◎2018/9/20

美容師は休日が取りづらい?
の情報を更新しました。

◎2018/8/31

サイト公開しました

「美容師 接客」
に関連するツイート
Twitter

美容師ネイリスト系の接客業の人に 前回話した時にメモしてないと絶対覚えてないような話題持ちかけられると怖い。仕事するうえで努力家なのは伝わるけどなんか怖い。こちらも適当な嘘喋ってたりするし、それが記録されてると思うと気まずい。

接客がよくていつも同じメガネ屋さんなんだけど、今日は美容師っぽい喋り方の店員さんでとても楽しかった

返信先:他1僕の担当のお客様とはほぼ無言接客 カットや色の指定は「前と同じで」なのだ!スタイルチェンジとか要求されたら露骨に嫌な顔するのだ!嫌な美容師なのだ!ごめんなさいなのだ🙇‍♂️

人のために尽くす仕事、エステ、マッサージ、美容師、看護師、水商売、カウンセラー、接客全般いろいろあると思うが、あまりハードすぎると、人のために自己犠牲になりがちで、自分のことがおざなりになりがち。…

返信先:お客様の話題を否定したり遮っちゃいけないですよね? いくら長い付き合いでもね。 接客業って目的重視できている人もいるけれどそれ以外の要素だったりオーナーのファンで来ていたりするのでね。 否定形から入るのって音楽で言えばクラ●ック業界の人間に多いです 良い美容師さんが見つかりますように